店舗一覧

肩こりの正体は肩甲骨の柔軟性にあった!原因と解消法を解説

  • TOP
  • >コラム一覧
  • >肩こりの正体は肩甲骨の柔軟性にあった!原因と解消法を解説

肩こりの正体は肩甲骨の柔軟性にあった!原因と解消法を解説

2022年03月12日

 肩こりは国民病だと言われ、もともとの体型や前かがみの姿勢を続けることによって、筋肉が緊張して肩こりが起きるのですが、とくにスマホの使用時間が長い現代人にとって切っても切り離せないお悩みですね。国民生活基礎調査によると、肩こりに悩まされる人は全国に1,700万人います。コロナ過において、リモートワークの方が増え、椅子に座っている時間が増えたことでより多くの方を悩ませているかと思います。
 そこで今回は、テーマにもありましたように、肩こりと大きく関係している肩甲骨の柔軟性にフォーカスしていきます。

そもそも肩こりとは

 肩こりとは 首から肩・背中にかけての筋肉の痛み、疲労感、だるさ、重さを感じる症状が肩こりです。いろんな筋肉が、関係しているのですが、大きく関係しているのは、 僧帽筋という一番大きな筋肉です。ここが固まっていると様々な症状を引き起こします。

肩こりの原因

 大きな原因として挙げられるのは、スマホや、パソコンの見すぎで起こる眼精疲労、またずっと同じ姿勢でいること、運動不足、ストレスが原因として考えられています。

肩こり解消法

 肩こり対策として、効果があると言われているのは入浴やマッサージと言われていますが、これらの方法では完治はできません。ただ一時的に痛みは和らげることができます。特にマッサージは、強く揉みすぎることで筋肉が傷ついてしまい、かえって凝りを強くしてしまう場合があるため気を付けなければなりません。さらに多いのは首のこりがある場合の首を回す行為です。関係する筋肉は一部しか動かず大きな効果は期待できません。
 運動不足とストレスは、日常の習慣が背景になっています。肩こりの際に運動不足になると血流が滞り、その部分には栄養や酸素が届きにくくなり、疲れやすくなってしまいます。
 
 そこで有効な解消方法が、運動をすることです。運動はそれ自体が、血流を改善する効果が認められています。なによりも、筋肉量の低下を防ぎ、柔軟性を高めてしなやかな筋肉を作ります。この柔軟性が、肩こりを解消するために必要不可欠なのです。その点ピラティスは特におすすめです。しなやかで美しい筋肉が、URBAN CLASSIC PILATESでは手に入ります。ちゃっかり宣伝もここで入れておきますね。
 だれでもできる運動があります。屈伸運動です。一見、肩こりに関係なさそうな運動ですが、室内での浅い屈伸運動でも血流が良くなるので効果があります。
 ストレスから来る肩こりの解消にも、運動は効果抜群です。運動するとスッキリします。これだけでも運動をする意味があるのです。ストレス性の肩こりは女性に多く、ストレス発散のためにも軽い運動でもいいのでぜひ日常に運動を取り入れてみてください。



監修

株式会社VB NEXT

私たちは、マシンピラティスとファンクショナルトレーニングを組み合わせた、サーキット形式のボディメイクスタジオのURBAN CLASSIC PILATESを運営しています。インナーとアウター、両方の筋肉を鍛えることで、より効率的に理想のボディメイクを実現します。今なら無料見学会&入会キャンペーン実施中!ご予約はこちらから。


トップページへ戻る