店舗一覧

大森ってどんな街

大森ってどんな街

2022年04月09日

大森はどこにあるの?

東京の南、大田区と品川区の狭間にあるのが「大森」です!
よくどこにあるの?と聞かれますが、大森駅は品川駅から2駅、京急線も近く、羽田空港まで電車で20分ほどで着く、移動しやすい場所です。中心となる「大森駅」は、新橋〜横浜間開業の4年後に開業した非常に歴史の古い駅で、単線駅としては、乗降客数が世界一(諸説あり)のたくさんの人が行き交う場所と言われております。

大森の地名の由来は?

地名の通り、大きな森があったことに由来しています。「大杜おおもり」とも書き、武蔵野台地下の大森海岸を臨む平地でもあります。
大森には大きく、山王エリアと海岸エリアがあり、山王エリアは、山の王様とあるように、高台を有す地となっていて、かつては文化人や実業家、政治家の邸宅が並ぶ住宅地で、今でもその名残が残っています。現在では「大森」という町名はなく、「大森」の名の付く町名として「大森北」、「大森南」、「大森西」、「大森東」、「大森中」、「大森本町」に分かれています。

大森の歴史は?

大森は、1877年(明治10年)にエドワード・S・モースが大森貝塚を発見したことから、日本考古学発祥の地と呼ばれています。
江戸時代は農漁村で、東京湾は遠浅で波が穏やか、塩の満ち引きがある、多摩川から豊な栄養が流れてくる事で海苔の産地として知られ、さらには、古代から交通の要所で「新井宿」と呼ばれるほど、「東海道」沿いにあったため人馬の往来でにぎわいました。
また、「新井宿義民六人衆の墓」がありますが、これは江戸時代にかんばつや水害が続いたにもかかわらず、重税で苦しむ農民を代表して、訴状を領主に提出して年貢減免を願い出たものの却下され、将軍・徳川家綱に直訴することとなり、代表6名が江戸に赴きましたが、直訴する直前に密告によって捕らえられ、延宝5年(1677年)に6人全員が斬首され、それを密かに埋葬した墓だと伝えられています。民衆が幕府に直訴するというのは、大変珍しい事件だったようです。

大森貝塚って何?

そもそも貝塚とは、「原始~古代」の人々が捨てた貝殻が積み重なったもので、貝殻だけではなく、獣の骨や土器、焼土や灰なども一緒に捨てられ『堆積層』ができ上がったものです。「大森貝塚」ができた経緯は、縄文時代後期から始まる寒冷化によって、動物などの食料が減少していきました。そのため、寒冷化の影響が少ない海産物を中心に食べたために、「大森貝塚」ができたと考えられています。

「大森貝塚」には、ふたつの石碑が存在します。ひとつは、品川区側の「大森貝塚遺跡庭園」(品川区大井6-21)、もうひとつは大田区側(大田区山王1丁目)です。
モース博士が詳細な発掘場所を書かなかったことなどにより、長い間、発掘地点について品川区説と大田区説のふたつが存在していましたが、その後の調査によりモース博士が初めに発掘したのは、品川区側ということがわかりました。品川区側の「大森貝塚遺跡庭園」には横書きで「大森貝塚」、大田区側には縦書きで「大森貝塚」とそれぞれの石碑に書かれています。

まとめ

今回は、大森の歴史、地名の由来などを紹介させていただきました。大森は、大森貝塚が有名ですが、その他にも、いすゞ自動車本社やニフティ本社などが入る大森ベルポート、しなわ水族館、磐井神社、天然温泉平和島などがあるとても魅力的な場所ですよ。

大森にぜひ遊びに来てください!!!


監修
株式会社VB NEXT
私たちは、マシンピラティスとファンクショナルトレーニングを組み合わせた、サーキット形式のボディメイクスタジオのURBAN CLASSIC PILATESを運営しています。インナーとアウター、両方の筋肉を鍛えることで、より効率的に理想のボディメイクを実現します。今なら無料見学会&入会キャンペーン実施中!

ご予約はこちらから。

トップページへ戻る