店舗一覧

運動前後は何を食べればいい?最大効果を生むための食事を徹底解説!

  • TOP
  • >コラム一覧
  • >運動前後は何を食べればいい?最大効果を生むための食事を徹底解説!

運動前後は何を食べればいい?最大効果を生むための食事を徹底解説!

2022年03月29日

皆さんは運動前後の食事をどうしていますか?
「気にしたことない」という方や「運動がんばったし、たくさん食べちゃう!」という方も多いのではないでしょうか?「タンパク質は食前?食後?」など、どんな食事が身体にいいのかわかりやすく解説♡

運動前の食事の時間は?何食べればいいの?

運動前に食事を摂る場合は2時間程度の時間を空けるとよいです。お腹いっぱいの状態では「運動しよう!」とはならないですよね。それに加えて、あまりたくさん食べてしまうと眠くなってきてしまうことも…。

しっかりと運動に向けた食事を摂るならば、運動前は脂質よりも糖質を摂る方が良いです。何故かというと、糖質は脂質よりもエネルギーに変わりやすいので運動前の食事に適しているからです。マラソン大会で給水所でバナナを配っているシーンを見たことがある方も多いと思います。あれはすぐにエネルギーに変換しやすい糖質がたくさん含まれているためです。他にもお米やお芋なども運動前の食事に向いていると言えます。
エネルギーを運動前にしっかりと入れてあげることも身体にとっては大切なことです。

せっかく運動していても最大限のパフォーマンスができないのは少しもったいないですよね。そんな悲しいことが起きないように運動前はしっかりと食べましょう♡

運動後の食事はどのくらいあければいい?何を食べればいいの?

運動した後は「がんばって動いたしたくさん食べちゃお!」「運動でカロリー使ったから食べても大丈夫!」と考えたくなってしまいますよね。

そこには大きな落とし穴があるんです…!

皆さんは「ゴールデンタイム」って聞いたことありますか?
テレビ番組でも睡眠でも聞いたことがある方が多いのではないかと思います。ここでの「ゴールデンタイム」は栄養補給の「ゴールデンタイム」です。この時間は内臓の働きも活発になっているので、いつもよりたくさんの栄養が身体に取り込まれます。

…ということは、揚げ物やお菓子をたくさん食べると、その分たくさん吸収してしまうんです!!!!
せっかく運動したのに無駄にしたくないですよね?
せっかく運動したなら引き締めて代謝も上げたいですよね??

そこで摂ってほしいのが「タンパク質」なんです。
タンパク質は筋肉のもとになる栄養素なので、運動後の身体がたくさん吸収してくれる時間に摂取すると効率よく身体に取り入れられます。身体を動かして筋肉を作れる状態にしてから、筋肉になる材料を取り入れることで、筋肉の疲労回復に役立ちます。
そして、筋肉が増えると代謝が上がるので痩せやすい身体作りができます。

プロテインをトレーニング後に摂っているのはマッチョだけのイメージがあるかもしれませんが、日常生活においてプロテインが不足している人はとても多いので常備しておくのもおすすめです。
最近はモデルの方やタレントの方が摂取しているのをSNSで見かけることも増えましたよね。髪や爪も作ってくれるので美容にも欠かせない栄養素なんですよ♡

プロテインはおいしくないイメージがある方も多いかと思いますが、最近のプロテインはデザート感覚で飲めるくらいおいしく作られているものが多いです。女性でも購入しやすいかわいらしくシンプルなパッケージのものが増えていることからも、需要が高まっていることがわかりますよね。コンビニでもタンパク質表記が強調されているものも増えているので少し気にしてみると、今の自分がどういう食生活をしているか見つめなおす機会になるかもしれません。


いかがでしたか?運動だけでなく食事にも目を向けて、無理のない食生活の管理を取り入れていくことで、なりたい自分にもう1歩近づいちゃいましょう♡

監修

株式会社VB NEXT

私たちは、マシンピラティスとファンクショナルトレーニングを組み合わせた、サーキット形式のボディメイクスタジオのURBAN CLASSIC PILATESを運営しています。インナーとアウター、両方の筋肉を鍛えることで、より効率的に理想のボディメイクを実現します。今なら無料見学会&入会キャンペーン実施中!ご予約はこちらから。

トップページへ戻る